美容外科の看護師求人サイト【美ナース】

美容外科の看護師求人サイト【美ナース】

美容外科の看護師の容姿について【美人が多いのはなぜ?】

   

美容外科の採用基準に容姿は関係あるの?

美容外科で働いている看護師といえば「美人」が多いイメージがありますよね。
やはり採用基準に容姿を重視しているのでは?と思う人もいるのではないでしょうか。

美容外科の採用基準に容姿は全く関係ありません。

ある美容外科に働いている看護師の人に採用基準で容姿を重視するのか聞いてみたところ、全く重視していないとのことでした。
それよりも、過去の実務経験やコミニュケーション能力の方が大事とのことです。

美容外科で働くと福利厚生で施術が安く受けられます

美容外科の看護師に美人が多い理由の一つに、「福利厚生で無料もしくは安く施術を受けられる」ことが挙げられます。

私の友人が勤めていた美容外科ではレセプションはほぼ全員整形をしていましたし、看護師も整形している人が何人かいました。
やはり、美容外科の施術が無料で受けられてキレイになるのなら、プチ整形くらいなら…と思う看護師が多いようですよ。

なぜ高額な施術が無料もしくは格安で出来るの?

美容外科の施術は保険適用外なので、かなり高額ですよね。
そんな高額な施術が福利厚生でお得に受けられるのはなぜでしょうか?

その一番の理由が、看護師やレセプションが施術を受けていると来院した患者さんの宣伝になるからです。

例えば、美容皮膚科で働いている看護師なのに、吹き出物だらけでとてもきれいな肌とは言いがたい看護師だと、患者さんはどう思うでしょう?
「この美容皮膚科で肌がキレイになる気がしない…」って思う方もいます。

また看護師がカウンセリングを行っている美容外科だと、実際に施術を受けた経験談を話すことができ、患者さんに安心して施術を受けてもらうことが出来ます。

モニターがわりに無料で施術を受けられることも

美容外科の集客方法といえば、雑誌やインターネットなどの広告です。
美容外科の広告でよく使われているのがビフォーアフターの写真です。その写真にはモデルになってくれるモニターが必要になります。

まれに患者さんがモニターになってくれることもありますが、なかなか簡単にモニターが見つかるとは限りません。

モニターが見つからないときは、看護師やレセプションにモニターになってもらうことがあるようです。

美容外科の看護師は絶対に施術を受けないといけないの?

美容外科で働くからといって必ず施術を受けなければいけないわけではありません。

美容外科ではメスをいれる手術もあります。でも顔にメスをれるのに抵抗がある看護師も少なくありませんよね。
実際にメスをいれるような手術を受けている看護師もいますが、ほとんどの看護師はプチ整形レベルの施術です。

プチ整形レベルといえば、ヒアルロン酸注入、プラセンタ注射、レーザー脱毛などが該当します。この程度ですと気軽に施術できますよね。

美容外科の看護師に求められるのは美人よりも接客スキル

美容外科の看護師に求められるのは容姿ではなく、接客スキルの方が大切です。

美容外科は一般病棟の患者さんとは違い、高額な費用を払ってサービスを受けるという意識の強い患者さんが多いので、高度な接客スキルを求められる事があります。

またクレームの件数も一般病棟と比較すると圧倒的に多いので、臨機応変に対応するスキルも必要になります。

大手の美容外科ですと、接客応対の研修を受けて接客スキルを磨くこともあります。

美容外科の看護師は容姿に自信がなくても、患者さんとしっかり向き合える方なら採用されやすいです。
面接のときにもその熱意をしっかりと伝えることができれば、転職に成功することができるでしょう。

美容外科の看護師求人サイトでおすすめはコレ!

美容整形ジョブ

毎月400名以上の看護師が美容外科・美容皮膚科へ転職するために登録している人気のサイトです。美容整形ジョブでは各美容外科の紹介から就職までのサポートを無料で行ってくれます。
初めての美容外科への転職で不安な方は専任のキャリアアドバイザーがついてくれるので、安心して転職活動ができます。

 - 美容外科の特徴