美容外科の看護師求人サイト【美ナース】

美容外科の看護師求人サイト【美ナース】

美容外科の看護師になるにはどんなスキルが必要?

   

美容外科の看護師は一般病棟の看護師と仕事内容が異なり、求められるスキルも変わってきます。
では実際に美容外科の看護師になるにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

注射、採血など看護師の基本的な技術を持っている

美容外科でも、一般病棟と同様に注射や採血、点滴などの看護師としての基本的な技術は持っていなければいけません。
また美容外科の求人を見ていると採用条件欄に、看護師としての実務経験が3年以上必要な求人が多いです。
美容外科の看護師は経験者を積極的に採用している印象です。
ですので、看護師としての実務経験が浅い人だと書類選考で落とされることもあります。

臨床、オペ室の経験者は優遇されます

整形手術や豊胸手術、脂肪吸引といった外科的な手術を多く扱っている美容外科では、過去にオペ室の経験がある看護師を積極的に採用しているところもあります。

美容に関心の高い人

美容外科に転職を考えている看護師の中には「給料が高い」、「夜勤がない」といった条件面で選んでいる人が多いようです。

しかし、美容外科というのは病気を治療する場ではなく、コンプレックスの改善や美容を提供する場所です。また患者さんも高額なお買い物をするわけですから、美容に関する知識や技術を常日頃から身勉強しておかなければいけません。

美容外科で働いている看護師や医師は美容に関心が高い人ばかりです。もし美容に興味がないと、仕事のモチベーションを維持するのが難しくすぐに退職してしまうなんてこともあります。

また、美容外科では福利厚生で施術を無料で受けられるところがあります。
実際に施術を受けている看護師は多く、カウンセリング時に自身の体験談などを話して、患者さんに安心して施術を受けてもらうようにしている人もいるようです。

参考:美容外科の看護師の容姿について

高い接客スキルやコミニュケーション能力

美容外科に来院される患者さんは、保険適用外で高額な医療費を払ってくださる方がほとんどです。
一般病棟とは違い、患者さんというよりもお客様という認識が強いので、高い接客スキルを求められます。

看護師がカウンセリングを行う美容外科もあるので、患者さんの悩みやコンプレックスを親身になって聞き、最善な施術を提案してあげなければいけません。

大手美容外科ですと、接客セミナーや研修を実施しているところがあります。それくらい高い接客スキルを求められるというわけです。

また、一般病棟よりもクレームの件数が圧倒的に多いため、クレーム対応もしっかりとこなさなければいけません。

美容外科の看護師は、看護師の基本的な技術だけでなく、美容知識や高い接客スキルなど一般病棟とは違った技術も必要になります。
給料が高く、夜勤がないという安易な考えだと転職に失敗しかねないので、しっかりと考えてから転職活動をしましょう。

美容外科の看護師求人サイトでおすすめはコレ!

美容整形ジョブ

毎月400名以上の看護師が美容外科・美容皮膚科へ転職するために登録している人気のサイトです。美容整形ジョブでは各美容外科の紹介から就職までのサポートを無料で行ってくれます。
初めての美容外科への転職で不安な方は専任のキャリアアドバイザーがついてくれるので、安心して転職活動ができます。

 - 美容外科の特徴