美容外科の看護師求人サイト【美ナース】

美容外科の看護師求人サイト【美ナース】

美容外科で働く看護師の5つのメリット

      2016/03/23

一般病棟で働く看護師と比較すると、美容外科で働く看護師にはたくさんのメリットがあります。
現在一般病棟で働いてる看護師で、待遇面で悩んでいるなら、美容外科で働くと改善する可能性があります。

今回は美容外科のメリットを5つ紹介します。

美容外科で働く看護師の5つのメリット

給料が高い

美容外科は自由診療ですので、一般的な病院と比較すると給料が高いと言われています。夜勤やノルマがないのに月30万円以上という案件が多数あります。
一般病棟で夜勤なしで働くと給料が20万円前後になりますが、美容外科は夜勤なしで月に30万円以上稼げるので、給料は高くて時間も有意義に使える職場環境と言えます。

残業・夜勤がない

美容外科は基本的に完全予約制の所が多いため急患はありません。また美容目的で来院される方ばかりですので急変もないですし、「インフルエンザの時期で忙しい」などと言った季節変動もありません。

夜勤のある看護師は体力的にも精神的にも疲れ、生活リズムも崩れてしまいます。また日中働いている友人たちと疎遠になってしまいがちです。
美容外科で働くとプライベートな時間が増えるので、夜勤に対するストレスがなく働くことができます。

お正月・お盆休みなど長期休暇が取れる

一般病棟で働いていると、お正月やお盆休みなど関係なく働かなければいけません。せっかくのお正月やお盆休みはゆっくり休みたいと思っている方も多いはずです。

ほとんどの美容外科は基本的にお正月やお盆は閉院しています。ですのでお正月やお盆休みといった長期休暇も取れるので、実家に帰省したり旅行の計画を立てるなど長期休暇をエンジョイすることができます。

美容治療や化粧品が社割価格で受けられる

これは美容外科によって様々ですが、美容治療やドクターコスメが格安または無料で受けることができます。
例えば、シミ取りや脱毛、ヒアルロン酸注射など高額な治療を格安で受けることができたり、ドクターコスメを原価で購入することも可能です。

脱毛などは機械の練習をスタッフ同士でするため、無料でできることがあります。

髪型やメイクの規則が緩い

一般病棟の看護師ですと、メイクや髪型の規則が厳しくてせっかくオシャレをしたい年頃なのにオシャレができないというストレスもあります。

むしろ美容外科では、メイクも髪型も綺麗にしておかなければいけません。
また美容外科で働いている看護師は職業柄、美意識が高い人が多いです。周りに美意識の高い人が多いと自然と自分の美意識も高まり、一般病棟で働いている時よりキレイなるなんてこともありますよ。

美容外科はこんな看護師に向いています。

以上のメリットを踏まえて、美容外科で働くのに向いてる看護師は以下のような方が当てはまります。

  • 日勤のみで働きたいけど、今の年収を下げたくない
  • 美容に関して興味がある
  • お盆や正月も休みたい

美容外科は一般病棟の看護師と比較すると給料が高く、夜勤がないので生活リズムが崩れないところが最大のメリットです。
待遇の良さや働きやすさから、最近ではシングルマザーの看護師が活躍しているそうです。

今の職場に給料や休みなどの待遇面で不満のある方は、美容外科で働くことも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

今回はメリットばかり紹介しましたが、当然ですが美容外科で働くことのデメリットもあります。
デメリットもしっかり確認し、転職に活かしてください。

参考:美容外科で働く看護師の5つのデメリット

美容外科の看護師求人サイトでおすすめはコレ!

美容整形ジョブ

毎月400名以上の看護師が美容外科・美容皮膚科へ転職するために登録している人気のサイトです。美容整形ジョブでは各美容外科の紹介から就職までのサポートを無料で行ってくれます。
初めての美容外科への転職で不安な方は専任のキャリアアドバイザーがついてくれるので、安心して転職活動ができます。

 - 美容外科の特徴